(遊)ナカヤマ

鳥取県大山町(旧中山町)にある遊び場、(遊)ナカヤマの社長が綴るナカヤマのあれこれ

カテゴリ: (遊)ナカヤマ

スケーターで、プロ尺八奏者、また切腹ピストルズの一員としても活動する野中克哉によるドキュメンタリー映画『根っこは何処へゆく』が6月24日に発売されました!!

それを記念して、(遊)ナカヤマで発売記念上映会を行います~!!

発売前からすでに気になっていた方は多いはずの同作品。

僕はこの日の為にまだ観てないのですが、もう楽しみすぎてしかたありません。

当日は多くの人達と同じ時間を共有できたらと思っていますので、ぜひぜひお誘い合わせの上ご来場ください!!

また、当日はDVDの販売ももちろんありますので、皆様よろしくお願いいたします!!
NEKKO_Product_mail
映画『根っこは何処へゆく』発売記念上映会 @ (遊)ナカヤマ

オープン(滑走可能時間) 18時頃~21時頃

上映開始 21時頃~

入場無料、滑走料無料(要1ドリンクオーダー)

※会場へのドリンクの持ち込みはご遠慮ください。
※当日は瓶ビール ¥500、缶ビール ¥300、その他アルコール ¥500、ソフトドリンク ¥300での販売となります。


作品、監督紹介


タイトル:根っこは何処へゆく
販売価格:¥2,000(+tax)


野中克哉
自ら尺八奏者・スケーターであり長年TWSJでの海外記事の翻訳やJENKEMなどの海外インタビューを翻訳しBLOGで紹介する"Captain Cap J” (http://captaincapj.blogspot.jp )を主催し、切腹ピストルズの一員としても精力的に活動している。
MAN WHO 2で尺八奏者としても参加している。 http://katsuyanonaka.com

尺八奏者とスケートボーダーへのインタビューを通し、「変化とは何か?」「本質とは何か?」を問いかけながら、近代以降の「時代の流れ」をも問い直すドキュメンタリー映画。監督は自身もスケーターで、プロ尺八奏者、米農家、翻訳家などの生業を持ち、切腹ピストルズの一員としても活動する野中克哉。出演者も奥田敦也(プロ尺八奏者)やサイラス・バクスターニール(プロスケーター)など豪華な面々が揃う本作は、福島第一原発事故が起きた2011年に制作を開始し、スケートボードがオリンピック正式種目に決定する直前の2015年に完成・公開された。これは時代の過渡期における貴重な証言集でもある。

•撮影:杉本 篤、高橋 大介、中村 岳史、下地 聡一郎
•編集 or 制作:克プロダクション

•出演
サイラス・バクスターニール、南 勝己、ジャーム、ライアン・シャクラー、中村 久史、チョッパー、宮城 豪
ポンタス・アルヴ、宮里 友晴、吉田 良晴、平田 祐介、奥田 敦也、小菅 大徹、松本 宏平、柿堺 香、三橋 貴風
志村 禅保 哲、キク・デイ、アルクヴィン・ラモス、前川 耕月、ピーター・スミス

公式サイト
http://futureisprimitive.com

予告編 / “ Future Is Primitive ” Trailer


梅雨の気配がほぼ感じられない今年の山陰地方ですが、スケーターにとってはありがたいような。

水不足などが心配されるので適度に降ってもらいたい気もしなくはないですが。

そんなこんなで、最近のナカヤマ周辺のスケートスポットについてひとつお知らせです。

新名所になりつつあった、JR赤崎駅南口。

この辺では珍しく夜遅くまで明るく、少ないなりにも遊べるポイントもあり、割合路面も良い。

なんですが、あまりうれしくない出来事がありました。

ナカヤマ有する大山町とお隣、琴浦町を管轄する警察署。

つい先月までは八橋というところにあったのですが、なんとまぁ、赤崎駅南口すぐ横に新しく移転しました。
IMG_0482
この場所を知らない人はよくわからないと思いますが、新たに出来た警察署から見た駅。

近いですね~。

そしてこちらは駅から見た警察署。
IMG_0483
写真じゃ見えないけど、肉眼だとはっきり「琴浦大山警察署」の文字が見えます。

交番ならまだしも、この辺りの本部的な警察署ってのがまた。。。

僕はイモだし、あまり警察とかかわりたくないので、あまりうれしくない警察署の移転。

今後、どのようになっていくのか、、、

とりあえず考えても仕方ないので、近々みんなで滑りましょー!!


数日前ですが、久しぶりに(遊)ナカヤマをオープンしました。

現在、休業中なのですが、この日は特別に。

久しぶりということもあり、多くのスケーターが遊びにきてくれて、おおいに盛り上がりました。

私はというと、気持ちが昂ぶりすぎて、ベロベロのダメダメでした。。。

やっぱり遊ぶってのはいいですね!!

久しぶりに楽しい夜でした♪

ちなみに(遊)ナカヤマは現在休業中なので、お間違いなく~!! 

 




しばらく間が開きましたが、今までを振り返るシリーズの最終話です。

今回こそは最後まで書きます!

とは言うものの、時間が経つにつれ熱量が下がってきているのもまた事実。

雑な文になるかもですが、そこはおおめにみてもらって

ぜひぜひ最後までお付き合いください~


前回までの記事はこちら↓

(遊)ナカヤマの今までを振り返る 1
(遊)ナカヤマの今までを振り返る 2
(遊)ナカヤマの今までを振り返る 3


・2回目のリニューアル




年末のイベントも無事に終了し、いよいよ本格的に改装作業に入ることになりました。
(ちなみにこの時、僕はまた仕事を辞めて無職でした。)

今回は

ミニランプの改装

壁全面の張替え

DJブースの改装

カウンターの改装


以上が今回のミッション。

毎年2月に周年パーティーをしているので、それまでに間に合わせたいところ。

と言いたかったですが、さすがに無理なので3月中の完成目指して、年明けからすぐに作業に入りました。

この頃、キャメクラ店長クッピーも仕事を辞めていたので、よく二人で作業していました。

大山アクティブスポーツ協会を立ち上げたのもこの頃。

パーク欲しいね~とか

ショップしたいね~とかとか

いろいろと夢と希望に溢れていたとき。

まずはナカヤマからってことで、作業にも熱が入ってました。

壁を張り替えたり、ランプを組み直したりと作業はなんとか進んでいたんですが、なんせ勢いでリニューアルすることにしたので、材料がすぐに足らなくなってしまいました。

最初はこれぐらいあればなんとかなるっしょ!ぐらいの感じだったけど、現実はなかなかうまくいかず。。。

この時、壁はほぼ張替えが終わり、ランプの改装に入っていたんですが、木材が不足していました。

そんな時に、あるニュースが。。。

それは倉吉でかなりの盛り上がりをみせていたミニランプスペース “Blunts” が完全閉鎖というものでした。

“らーめん いのよし” に併設されていた同施設ですが、同店の移転に伴い完全閉鎖になるとのこと。

僕自身、ランプ作成の段階からよく手伝っていたし、毎週滑りに行っていたので無くなってしまうのはすごく寂しかった。

Blunts のヒデ君が

「ここは(遊)ナカヤマの2号店みたいなもんだけ!」

って言ってくれたときは本当に嬉しかった。


ミニランプなど完全に解体してから退去しなければならないと聞いたので、ナカヤマに全部くれとお願いして、Blunts で使われていた木材のほぼ全てを譲り受けました。

この出来事のお陰で、木材に困ることはほぼなくなりました。

改めて、Blunts に感謝です。

IMG_0062

改装作業をしていると、木材を提供してくれたり、寄付金をくれたり、作業を手伝ってくれたりと、多くの人がナカヤマの改装に協力してくれていました。

この時ナカヤマは5年目だったのですが、気付けば大勢の人に支えられている場所になったな~と。

このときのリニューアルは本当に大勢の人にお世話になりました。

改めてありがとう!!



・新たな(遊)ナカヤマのスタート

毎年2月にしている周年パーティーを3月末にずらし、なんとかかんとか改装作業を終え、なんとかかんとか周年パーティーをやりきり、あらたな(遊)ナカヤマがスタートしました。

このときにキャメクラ店長クッピーがナカヤマの営業担当に就任!笑

このお陰でナカヤマがより一層多くの人に知られていくことになりました。

小規模だったけどスケートショップを始めたり、スクールを企画したり、いろんなイベントを企画してくれたり、勢いがあったな~と。

その甲斐あって、ナカヤマもいい感じに盛り上がってて。

c0357787_19142790

IMG_0061

12342658_791046654363427_2975839913456636801_n[1]


ナカヤマのことは正直クッピーに頼りきりだったなと今になって思うのです。

一方、ぼくのほうはナカヤマ以外でのイベントに精を出していました。

東京から underslowjams をよんでイベントしたり、(ちなみに今度米子にきますよ!)

倉吉の P-BOX を改装して、符和BUPPON をゲストによんでイベントしたり。

イベントは最高に楽しかったのはもちろんだけど、僕自身はナカヤマからどんどん離れていってたのかな~と。



そして、キャメルクラッチが米子で正式にお店を構えることが決まりました。

お店のオープンや、イベントの準備などで、ナカヤマを開けることができない日々が続き、当たり前だけど人もこなくなってきていました。

キャメルクラッチがオープンして、盛り上がりをみせるなか、ナカヤマの方は人がほぼこない。

この時、リニューアルしてからのナカヤマはクッピーのお陰でなりたっていたんだな~と。

ありがとうって気持ちと、なんとなく寂しさみたいな感じもあったり。。。

簡単に言えばいじけてたんです。

人もこないし、開ける意味あるのかなって考える事が多くなってきて、ナカヤマに対する情熱みたいなのもどんどん無くなっていって。。。

そうなってくるとますます人もこなくなってきて。。。って完全に負のスパイラルにはまってしまいました。

なんとかしなきゃとは思っていたけど、なんか動けない。

とりあえず、周年イベントだけは!と思ったけど、大雪のため中止。


あ~、そういうことか。って思った。

結局、今の自分が単純にやる気がなかったってだけのこと。

結局、今の自分が単純に楽しめてなかったってだけのこと。

すごくシンプルで簡単なことだけど、やっと気付いた。


じゃ、なんでこんな状態になってしまったんだろう??

これに対する明確な答えはないけれど、少なくともナカヤマに対する覚悟みたいなものが欠けていたのかな~と。

遊びだから、覚悟なんて必要ないじゃんって感じだけど

要はもっと本気で遊びたいんです。

覚悟がないから中途半端な遊びになる。

中途半端に遊んでるからナカヤマの存在自体も中途半端になってくる。

そうなってくるとナカヤマに対する気持ちも中途半端になってくる。

全部が中途半端になると、別にナカヤマが無くてもよくなってくる。

僕の考えではこんな感じ。

で、“別にナカヤマが無くてもよくなってくる”の段階に入ったときぐらいに、ふと思いました。

(遊)ナカヤマはなくてはならないと。

(遊)ナカヤマをスタートさせてから今に至るまで、僕にとって1番の遊び場は(遊)ナカヤマで、これからもそうでありたいと。

こんなふうに思ってしまった以上、後は覚悟を決めるだけ。

やるかやらないか。

で、もうやるって決めました。

ってことで、ここからがある意味(遊)ナカヤマの本当のスタートなのかな~と思うわけです。

おしまい。


・最後に

と、文才も集中力もないので、どうやって終わればいいのか見失ってしまい、なんとも言い切れないかんじですが、これで(遊)ナカヤマの今までを振り返るはひとまず終了です。

これから益々気合を入れて遊んでいく所存でございますので、みなさまどうぞよろしくお願い致します。

と、いいつつ今日からしばらく(遊)ナカヤマはお休みします~

再開は4月中と考えていますが、どうなることやら、、、

ただ、その間何もしないわけではありません。

いろいろと準備をすすめ、いろいろと仕掛けていきます。

なので、これからも暖かく見守ってやってください~!

今回はこれにて!










 

↑このページのトップヘ